就活 How to 就職活動

オンライン面接の成功に必要な5つのポイント とは?

  1. HOME >
  2. 就活 How to >

オンライン面接の成功に必要な5つのポイント とは?

こんにちは、Kantaです。

今回は「Web面接を受ける前に準備するべきチェックポイント5つ」に関して

Kanta
21卒の就活生の実体験と私自身の体験も含めてお話しさせて頂きます。
就活生
ウェブ面接をしたことがない
就活生
ウェブ面接のマナーを知りたい
就活生
21卒のウェブ面接の失敗談を聞きたい

そんな就活生のみなさんには役立つ内容となっております。

是非、本記事から「ウェブ面接のマナー」を知り、マナーを身に付けて

Kanta
面接官への第一印象を良くすることができるようになりましょう

本記事は21卒の実体験に基づいた話から書かせております。

Kanta
20卒・21卒の就活体験談になりますので、

これから就活をする人にとっては参考になると思います。

ウェブ面接で気を付けるべきこと

従来のような対面での面接マナーは、清潔感のある服装や髪型、ノックの仕方、入退室の仕方

そのような点が就活におけるマナーでした。

ですが、現在コロナウイルスの影響もあってウェブ面接が主流になり始めています。

Kanta
仮にコロナが収束してもオンライン面接が消えることはないと思います。

だからこそ、オンラインでの面接の対策は不可欠です。

対面での面接と同様にウェブ面接でも、面接官に良い第一印象を持ってもらうために

いくつか準備しなければならないことがあります。

服装を整えることや、面接の応答対応の準備はもちろんですが、

それに加えてオンライン面接用の準備のポイントを5つ紹介します。

面接のチェックポイント

①声【イヤホン・マイク】

オンライン面接におけるチェックポイント

  • 自分の使っているマイクがきちんと声に反応するか
  • 雑音が入りやすいイヤホンやマイクではないか
  • 相手の声が聞き取りやすいイヤホンか
Kanta
「声・話し方」は面接官と会話をする上でとても大事な要素です。

ウェブ面接は回線を通じての会話なので、どうしても伝わりづらくなることがあります。

自分が話せているつもりでも、

Kanta
イヤホンやマイクのせいでコミュニケーションに隔たりができてしまうかもしれません。
就活生の失敗談:マイクの不調

就活生3人と面接官1人のグループ面接の際、1人の就活生が、

Kanta
画面上では口が動いているのに、

音声が流れないという事態に陥っていました。

1時間という限られた時間の中で3人を面接しなければならなかったため

その就活生は後回しにされてしまい、

マイクの調子が戻り、就活生の順番が回ってきた時には、

既に残り時間が少なくなってしまっていた。

就活生の失敗談:マイクの雑音

コード式のマイク付きイヤホンを使っていたため

面接官がききとりやすいようにわざとマイクを手で持ち、口に近づけて話していました。

しかし面接が終わった後に、

面接官
雑音みたいに入ってしまうからマイクは持たない方がいい

と指摘されてしまいました。

就活生の失敗談:イヤホンの不調
就活生
面接官の声が聞こえず、てこずり焦ってしまいました。

イヤホンの種類を変えることで解決していましたが、

いざ壊れた時用にイヤホンを複数個準備しておくと良いかもしれません。

・友達と面接で使うイヤホンを使って電話してみる

・マイクを使って動画をとってみる

本番に備えて上記の対応をするべきです。

自分の立場を不利にしない為にも、

イヤホンとマイクのチェックは事前にしておくべきです。

応用:声色で印象操作ができる
Kanta
声の高低や大小は、印象を操作することができます。

声を大きくはきはきとすると好印象なイメージ

落ち着いてゆっくり話すとしっかりとしたイメージ

個人差はありますが、自分が面接官に思ってほしいイメージの声を出すことも大事です。

みなさんはイヤホン越しの自分の声を、聞いたことはあるでしょうか?

自分の声は、思っている以上に高く聞こえたり低く聞こえたりするかと思います。

自分のなりたいイメージに合わせて話し方を工夫するのも良いかもしれません。

➁表情【照明】

オンライン面接におけるチェックポイント

  • 自分の顔が綺麗に見えているか照明を調節する
  • 自分の後ろに映り込みがないか背景を綺麗にする

ウェブ面接では画面越しで対面しますが、

部屋の光が暗い場合、顔の表情が見えにくく暗い印象を与えてしまったり

明るすぎると、光が反射してしまい顔が見えにくく面接官に適切な印象を与えれません。

Kanta
顔が綺麗に映らないと、面接後に合否を決める際、

手元の資料の写真を見ても思い出してもらえない可能性もあるでしょう。

就活生の体験談:ポイント

就活生の中には、自分の顔をできるだけ綺麗にはっきりと映したいという人は

Kanta
スマホの自撮りライトをパソコンにはさんで面接をしていました。

部屋の光が暖色の柔らかい色だったので、

レンズの近くから自撮りライトで白い光を発することで、

就活生
顔色が明るく見えて、はっきり映ることができた

と仰っていました。

是非就活生も参考にしてみて下さい。

③画面【背景】

Kanta
ウェブ面接では、レンズから画面に映り込んだもの全てが、

あなたの「顔」といっても過言ではありません。

モノがごちゃごちゃと散乱していたり、暗めの色の背景だと

初めて会う面接官にとっては悪い印象になってしまいます。

理想の背景は、何も置かなかったり、白い壁や無地の背景でしょう。

綺麗な壁がない場合白い布をかけるなどして、できるだけすっきりさせることで

面接官の気が散らない環境づくりをしましょう。

面接前には、余裕をもって部屋を片づけておくことをおすすめします。

④目線【レンズ】

オンライン面接におけるチェックポイント

  • 目線はレンズをまっすぐ見つめられているか
  • レンズが曇っていないか
Kanta
対面面接では「面接官の目を見て話すこと」を意識していたと思います。

同じ内容の文章を話していても

目線をまっすぐ話している就活生と、目線があちこち向いている就活生だと、

前者は熱意が伝わりやすく、後者は集中力の欠如を感じるでしょう。

では、ウェブ面接での面接官の目は、どこでしょう?

Kanta
それは【自分のパソコンのレンズ】です。

面接官は、画面に映っている就活生の顔を見ています。

目線が定まらずにあちこちを向いて話す人は印象が良くありません。

Kanta
しかし、意外にも目線をまっすぐレンズに向けて話せる人は少ないです。
就活生
自分は大丈夫だな!

と思っているそこの就活生も、

一度でいいのでパソコンのカメラ機能で動画を撮りながら面接練習をして、

その時の自分の表情や目線を確認してみましょう。

就活生の体験談:ポイント

本選考にてES通過後、1分間の自己紹介の動画提出をする機会がありました。

就活生
何度も取り直し可能だったので、

自分の撮影した動画を確認して、取り直しの繰り返しをしました。

そこで動画を見直してみると、

・レンズではなく自分の顔を見ていたため、目線が下に見える

・言葉煮詰まったときや思い出すときに、目線が泳ぐ

ことがわかり、ウェブ面接でも気を付けようと思いました。

⑤ウェブ環境【設定】

オンライン面接におけるチェックポイント

  • アプリがパソコンにインストール/対応しているか

ウェブ面接では企業によって扱うアプリが違います。

有名なところだとzoom、Cisco、Webex等のツールがよく使われています。

アプリによっては、会員登録をしなければならなかったり、

操作方法が難しいものもあるかもしれません。

面接前にアプリ起動に手こずり、開始時間が迫って焦らないためにも、

予めアプリの起動方法や設定を確認し、スムーズに面接に臨める状態をつくりましょう。

まとめ:準備をしっかりしよう

ウェブ面接に慣れていないうちは、なかなか本調子を出せないかもしれません。

Kanta
上記の準備をして心の余裕を持って面接をしてみてください!

また、前回の記事でオンライン面接の練習法を

解説しておりますのでチェックしてみて下さい。

また、Youtubeでより詳細にWeb面接に関しては解説させていただいております。

就活生必見の内容となっております。

それでは、本記事はこの辺で。ではでは!

  • この記事を書いた人

Kanta

学生時代に読者モデル・ミスターコン出場など興味を持った事に何事も挑戦。楽天株式会社の新規事業部にて勤務後、現在はLINE株式会社において勤務する。就活時ブラック研究室に所属していた為、時間的束縛によりやりたい事が成し遂げられないことから、大学院を中退して就職活動に本気で臨む。IT・コンサル・広告代理店・人材・マスコミ業界など複数の大手・人気企業十数社から内々定を頂く。また、CAMPFIREで支援を募り就活生に向けて本を自費出版する。 100人以上の就活生支援をした経験をもち、就活情報をnoteやYouTubeで発信する。

-就活 How to, 就職活動
-, ,

Copyright© かんたログ , 2020 All Rights Reserved.