プロフィール 日常記録

なぜ、就職活動の相談を受けているのか?

  1. HOME >
  2. プロフィール >

なぜ、就職活動の相談を受けているのか?

f:id:o-kankan:20190828125520j:plain

こんにちは、Kantaです。

実際に就活生や内定者の方々から就職活動の相談を受けることが多々ありますが、

その時に就活生から時々言われることがあります。

就活生
「とても有り難いのですが、なぜ就活相談を受けているのでしょうか?」
就活生
「記事を書いたり、就活生の相談を受けたりと何故そこまでして下さるのでしょうか?」

なのでこの点に関して、今回は記事にしたいと思いました。

※記事は3分くらいで読み終わります。より詳細な解説などは関連記事を貼っておきました。

なぜブログや就活相談を始めたのか?

私自身が、本ブログや就活生の相談を受けている理由は大きく分けて5つあります。

Kanta
他の内定者やOBOGが就職活動の相談を受けているのと同じように、 根本にある「就職活動のしている就活生の役に少しでも立ちたい」というのは変わりませんが、
Kanta
皆さんと少し違い様々なバックグラウンドを抱えているからこそ始めました。

その点も踏まえて、順に説明したいと思います。

①自分に似た就活状況にいた人の手伝い

f:id:o-kankan:20190828130303j:plain

ブログ当初の記事でも少しお話しさせて頂いたため、私の就職活動の詳細は割愛します。

私は理系の大学院生だったこともあり、所属する研究室や学科の人が就職する企業は殆ど決まっていました。

理系の院生ならご存知だと思いますが、理系の院生の大半がメーカーの研究職や技術職に就職します。

理系大学院生の就活事情に関しては、理系大学院生の就活状況に物を申したい【体験談】

を参考にしてみてください。

Kanta
そのため、就活生がそれ以外の業界や職種に就職を考えたときに非常に難しいです。
Kanta
理系の院生に限らず、自分の大学における専攻分野と全く違う業界を志望する人にも同じことが言えます。

特に理系の院生となれば、研究室に束縛されるため就職活動に割く時間もあまりありません。

そのため、時間を有効活用して就職活動を行う必要があります。

※私自身みたいに文系就職(ビジネスサイド側の職種)を志望している方は尚更です。

Kanta
正直言って、就職活動に関してはめちゃめちゃ苦労しました。笑

誰よりも、時間も身も精神も削りながら就活を行っていました。

Kanta
現に今まで私より過酷状況で就活をしていた人を未だに見たことがありません。笑
Kanta
そのため、自分に似た厳しい状況にいる就活生を助けたいという気持ちが強いからです。
②変わりゆく就活状況のキャッチアップ

f:id:o-kankan:20190828130326j:plain

これは私の興味本位のところもありますが、

Kanta
現代社会の就職活動状況を理解したいためです。
Kanta
そして本ブログのように情報発信をしていきたいと感じたからです。

これから社会に出る私たちは、より一層一人一人「個の力」が求められます。

そのため、就職先の企業や志望業界の移り変わりも当然ながら起こってくると私は思ってます。

その時代の流れとともに変わりゆく就活状況をキャッチアップしていきたいと思うからです。

③妥協しようとしている人の後押し

f:id:o-kankan:20190828130348j:plain

私自身が就職活動をしていると

就活生
「A社とB社D社は第一志望群で、C社とE社とF社は第二志望群」

と区切りをつけている就活生がとても多いです。

Kanta
志望度に「群」という括りを作っている時点で私には理解が出来ません。

この時点で、本当に入りたい会社が1つに定まっていないことは明白ですし、

Kanta
何より、複数内定をもらえた時の選択肢の幅が広すぎます。笑
Kanta
徹底した企業分析・自己分析不足と言わざるを得ないです。

注意ポイント

また、こういた区分で括りを作ってしまうと選択肢が多い分、「妥協点」を見つけるのが容易です。

つまり、「A/B/D社が落ちたら自動的にC/E/F社のどれかから選択すればいい!」

とのように自動的に決まるからです。(複数選択肢があるため、圧迫感もなく抵抗がないためです。)

私は、「ファーストキャリア はその人の働き方を育成する大事な時期」だと思っております。

Kanta
そのため、「妥協点」を作って欲しくないから相談を受けるようにしています。
Kanta
※逆に業界業種も関係なく、軸を定めてない人の就活相談は受けてません。
④後悔するくらいなら挑戦してほしい

f:id:o-kankan:20190828130412j:plain

前回の記事でもお話ししましたが、私は就職活動と言う期間に関して言えば、

Kanta
「あの時こうしておけばよかったな」と後悔したことは一度たりともないです。

就活生の皆さんにも、「挑戦せずに後悔する」ことは絶対にやめて欲しいので、

就活生
「私には〇〇社は無理かも」

とか思わず、後悔するならせめて挑戦してから後悔していただきたいです。

私自身、

Kanta
「〇〇社受かるかもしれない!」

と思って挑戦して見事に落ちてしまった企業がありますが、

全く後悔していませんし、そこから学べたこともとても多かったです。

Kanta
就活生に、高みを目指し挑戦していただきたいので、その手助けをしたいと思ったからです。
⑤自分の進路は自分で決めてほしい

f:id:o-kankan:20190828130430p:plain

これまでの記事で何回かお伝えしましたが、両親や友人・社員さん等、

Kanta
他人の意見だけで自分の就職先を決めるのは絶対に良くないです。
Kanta
「自分がやりたいこと・成し遂げたいことができる会社に就職すべき」です。
Kanta
その道がブレないように少しでもお手伝いしたいと思い、

ブログや就活相談を受けるようにしてます。

まとめ

微力ながら、ブログや就活相談を通じ就活生のお役に少しでも立てれば幸いです。

文章だと伝えられることが限られてしまうので、(変なノイズが入ると思うので)

より詳細に就活に関して知りたい方は、是非noteの方も参考にしてもらえると幸いです。

今日はこの辺で。 ではでは!

  • この記事を書いた人

Kanta

学生時代に読者モデル・ミスターコン出場など興味を持った事に何事も挑戦。 楽天株式会社の新規事業部にて勤務後、現在はLINE株式会社において勤務する。 就活時、時間的束縛によりやりたい事が成し遂げられないことから、大学院を休学して就職活動に本気で臨む。 IT・コンサル・広告代理店・人材・マスコミ業界など複数の大手/ベンチャー企業十数社から内々定を頂く。また、CAMPFIREで支援を募り就活生に向けて本を自費出版する。 100人以上の就活生支援をした経験をもち、就活情報をnoteやYouTubeで発信する。

-プロフィール, 日常記録

Copyright© かんたログ , 2020 All Rights Reserved.