就活 How to 就職活動

【22卒の就活生】就活スケジュールの予想!早期から就活に取り掛かれ

  1. HOME >
  2. 就活 How to >

【22卒の就活生】就活スケジュールの予想!早期から就活に取り掛かれ

こんにちは、Kantaです。

今回のテーマは

Kanta
22卒の就活スケジュール予想と今できることをお話しします。

この記事は

就活生
「どんなスケジュール感で就活がすすむのかがわからない」
就活生
「コロナによる影響で就活が不安」
就活生
「先輩たちの就活スケジュールを知りたい」

という悩みをもつ就活生のみなさんにオススメです!

この記事の大前提として

就活スケジュールはあくまで予想であること

ことをご了承いただきたいと思います。

Kanta
前年までの就活状況から変わってきている部分が多々あります。

だからこそ自らの手で最新の情報を得ること、つまり早期就活が大事です。

この記事はその一歩を踏み出すお手伝いになるかと思います!

本記事の筆者について

当ブログの運営者であり、本記事の筆者(Kanta)は、20卒の理系大学院生であり

2020年4月よりLINE株式会社にて勤務をしております。

就職活動時に、理系ブラック研究室に所属していた為、他の就活生に比べ

圧倒的に不利な状況下でも、効率的な就活をし難関・人気企業から十数社内定を獲得。

自身の経験を活かしブログの他にも、YouTubenoteにて就活情報も発信している。

現在は、自身の経験を活かし100人以上の21・22卒の就活支援を行っている。

※就活時におけるインタビュー記事がありますので下記を参考まで。

インターンに参加する意味、LINEの企画のやりがいとは?

21卒と22卒の就職活動の違い

①21卒の就活状況

就活生によってスケジュールは様々ですが、

下記に21卒就活生の就活スケジュールの一例を紹介します。

・インターンシップが6月~

・早期選考が12月~

・本選考の情報解禁、企業説明会が3月(オンライン)

・本選考が4月~

・業界によっては本選考が6月~

上記のスケジュールは早期就活をしていた21卒就活生のスケジュールになります。

3月から就活を始めた人でも5月から選考スタートで6月に内定を頂いたり、

その一方で7月以降も選考中の企業もあります。

人によって違いますが、リクルートキャリア就職みらい研究所によると、

7月1日時点の内定率 は73.2%でと20年卒と比べ-11.9ポイント低くなっています。

Kanta
採用活動・就職活動の長期化が見受けられます。

➁22卒の就活スケジュール予想

Kanta
一言でいうと「短期集中型」ではないかといわれています。

夏季インターンシップ

21卒本選考の長期化により、選考や実施が例年よりも後ろ倒しになります。

21卒の夏季インターンシップのピークが8月9月に比べ、

22卒は9月がメインになり、

秋季インターンシップとの時期的な差もないのではないかと思われます。

早期選考(インターン参加者選考)

夏季インターンシップに参加した学生や優秀な学生を囲い込むために

内定出しのピークが早まるのではないかと言われています。

本選考

例年と変わらず3月に情報解禁ですが、オンライン上での説明会や選考が多くなると予想されます。

21卒に比べると、22卒の採用活動は長期化されないと見られています。

22卒スケジュールの特徴

こんな方におすすめ

  • インターンシップ受け入れ時期がずれ、人数も絞られる可能性
  • インターンシップは採用直結
  • 早期選考からの内定出しが早い
Kanta
21卒もインターン参加者の早期選考は実際に行われています。

コンサルティングや外資企業だとそのようなイメージが持たれがちですが、

経団連の就活ルールを順守していそうな金融業界の大手保険会社も早期選考でした。

その企業のホームページや連絡でくるメールには

「あくまで就業体験の機械ご提供の場であり、本選考には一切関係がありません。」

との記載をよく就活をしていると目にすることがあると思いますが、

Kanta
はっきり言って本選考に大きく影響しております。

どの企業も今まで関わったことのない就活生よりも、

Kanta
インターンシップで関わった就活生を囲い込みたいのが本音です。

22卒の採用活動は早期選考が早まり、早期内定の風潮があると言われています。

実際、インターンシップに参加したことで、企業や業界を深く知れただけでなく、

自身の就活に余裕を持たせることや本選考を受ける前の練習にもなります。

Kanta
夏秋冬のインターンシップに参加することをおすすめします。

実際、22卒の就活生は例年よりインターンに対して前向きに検討しているようです。

こちらで解説しております。

今、22卒就活生がやるべきこと3選

以上のことからインターンシップがいかに大事かが伝わったかと思います。

その中で22卒の就活生が今やるべきことは下記の3つです。

22卒の就活生が今やるべきこと3選

  • 自己分析
  • 業界分析
  • オンラインでの選考対策

特に①自己分析➁業界研究は、就職活動をするにあたり、

Kanta
最初から志望企業から内定を貰うまでの最後までやるべきです。
Kanta
実際、私も自己分析は人一倍時間をかけていたからこそ、

難関・人気企業から内定を複数獲得できたと自負しております。

①自己分析➁業界研究のやり方は、他の記事や動画でもお伝えしているので

そちらを参照していただければと思います。

私の就活Youtubeチャンネルはこちら

※5ヶ月で2200人に登録していただいております。

説明会や選考、OBOG訪問、インターンシップを通じて、

みなさんの価値観は毎日変わっていくと思います。

日々様々な刺激を受ける中で、自分が一番納得できる判断基準をするためにも

Kanta
自分を見つめなおすことは大事です。

そして「絶対○○会社に勤める!」というような企業だけで絞り込むことはせず、

競合他社であったり何か共通点のある他業界を見て視野を広げることで

比較対象をつくり、自分の方向性に合った企業を見つけていきましょう。

そして何よりも大事なのが③オンライン選考対策です。

インターンシップや本選考において、オンライン選考

つまり動画送付やZOOM面談が主流になっていくでしょう。

そして企業側は21卒の採用活動でオンラインでの面接に慣れている一方

22卒の就活生はパソコンで動画をとったり、

初対面の相手と画面上で話す経験をしたことはほとんどなく、不利な立場です。

だからこそ、オンライン選考に慣れるために

・自分で1分間自己紹介をカメラでとってみる

・友達とZOOMで面接の練習をしてみる

ことを強くお勧めします。

自分で上手くいったと思っても、相手には上手く伝わらないことは多いです。

ましてや、オンラインだとパソコンや画面をはさんでいるため、とても難しいです。

くだらないことではありますが、自分の顔色はパソコンの調光で明るく見せること

はきはきとした声は声色を明るくすることで第一印象は全く違います。

Web面接の対策に関しては、下記の動画で詳細にお伝えしております。

是非参考にしてみてください。

本日はこの辺で、ではでは!!

  • この記事を書いた人

Kanta

学生時代に読者モデル・ミスターコン出場など興味を持った事に何事も挑戦。楽天株式会社の新規事業部にて勤務後、現在はLINE株式会社において勤務する。就活時ブラック研究室に所属していた為、時間的束縛によりやりたい事が成し遂げられないことから、大学院を中退して就職活動に本気で臨む。IT・コンサル・広告代理店・人材・マスコミ業界など複数の大手・人気企業十数社から内々定を頂く。また、CAMPFIREで支援を募り就活生に向けて本を自費出版する。 100人以上の就活生支援をした経験をもち、就活情報をnoteやYouTubeで発信する。

-就活 How to, 就職活動
-,

Copyright© かんたログ , 2020 All Rights Reserved.