就活のススメ 就職活動

【就活生必見】有利に就活を進める!逆求人アプリ/サービス

  1. HOME >
  2. 就活のススメ >

【就活生必見】有利に就活を進める!逆求人アプリ/サービス

f:id:o-kankan:20191013105255j:plain

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

数多くの就活生の相談を受けていると

就活生
「逆求人アプリ/サービスって何ですか?」

と言う意見を沢山いただくので、今回そのことに関して記事にいたしました。

いくつか逆求人アプリ・サービスがありますが、

Kanta
実際に私が使っていた逆求人アプリ・サービスを厳選して2つだけ今回紹介します。
Kanta
今回紹介するサービスを経由して、実際に内定を頂けた企業もあるので紹介させて下さい。
Kanta
※あくまで、逆求人サービス・アプリは補助的なものだと考えてもらいたいです。

実際、正規ルートで就職活動を行うことがメインだと思いますので、

「逆求人で内定もらえたら嬉しい!」くらいな気持ちでやりましょう。

Kanta
頼りすぎて、他の就活を一切しないのは絶対にダメです。

逆求人サイト・アプリって何?

f:id:o-kankan:20190825133523j:plain

Kanta
最近の就職活動では、1つの方法として自己PRや希望業界・職種・経験・学歴などを登録すれば、
Kanta
企業からアプローチやスカウトをされるサービス「逆求人」というものがあります。

ポイント

大手就職活動サイトのように無数の就活生に向けてスカウトを送っているサービスとは異なり、

もらったスカウトやアプローチの中から自分が気になる企業を選ぶことが可能です。

企業側も無作為にオファーを出しているわけではないため、

より親密に学生に寄り添って対応してくれるケースが多いです。

また人事と直接やり取りできるケースが多いため、選考がスムーズに進みます。

利用するアプリやサービスによって多少の違いはありますが、基本的なフローとしては、

「自己PR登録→待つ→企業からオファー→興味あり→会う」

という流れになっております。

逆求人サイト・アプリのメリットは?

f:id:o-kankan:20190825133549j:plain

①自己PR/面接/ESの練習
Kanta
何と言ってもこれがデカイと思います。

実際に自分でESや自己PRを書く練習に繋がります。

しっかり自分をPRできている文章をかけていれば、数多くの企業からオファーが届きます。

Kanta
私自身、何回も書き直してブラッシュアップしていき、最終的に大手企業も含めて、
Kanta
数十社からオファーをいただく事が出来ました。

ポイント

ここで練習をしていれば、本選考のESで落とされることはあまりありません。

②志望会社・業界を広げられる

現時点で、自分がどんな業界・会社が向いているのか分からない人もいると思います。

ポイント

自分が今まで見ていなかった会社や業界からのオファーも頻繁に来るので、

自分の視野を広げる上でも、有効だと思います。

企業側からオファーが来るので自分の価値観や知識を元に、

調べても出てこなかったであろう企業を知るきっかけになります。

「面白そう!」と思った業界や会社なら話を聞くだけ会うのも良いと思います。

こんな就活生におすすめ

  • 志望業界が明確に定まっていない就活生
  • 調べても出てこない優良企業を知りたい就活生
③早期内定をもらえる可能性あり

先ほども申し上げたように、オファーを出してくれる人が人事であるケースがとても多いです。

メモ

そのため、通常の選考であればESやGD等がある場合でも、人事経由であれば選考が免除されるケースが多いです。

そのため早期内定をもらえる事が多いので、早期内定が欲しい!という就活生にはぜひオススメです。

Kanta
※私自身、昨年の12月には既に数社から内定を頂いていました。

こんな就活生におすすめ

  • 早期内定が欲しい就活生
  • 人事経由で面接スキップして選考に臨みたいと考える就活生

オススメの逆求人アプリ/サービス2選

①OfferBox



 逆求人サービス・アプリの中では、私が1番使っていたのがOfferBoxです。

Kanta
まだ登録してない方は、必ず登録することをオススメします。

就活生の約4人に1人が登録!オファー型就活アプリOfferBox

なぜオススメなのか?

実体験に基づくことなので、確信はないですが他の逆求人サービスやアプリよりも

Kanta
大手企業や名の知れた企業が多い印象です。

決して名があるから良いというわけではないですが、

Kanta
そういった企業から逆求人されたい!という方はぜひ登録してみると良いと思います。

他のアプリ/サービスと比較した強み
Kanta
他の逆求人サービス・アプリと比較すると、圧倒的にオファー数が多いです。(※個人差あります)

また、どの逆求人サービス・アプリにも共通することですが、自分のPRや経歴を読んだ

人事の方がオファーをしてくれるため、選考が進みやすいです。

Kanta
実際に私自身、OfferBoxを利用して複数オファーを年内に頂いておりました。

②キミスカ


キミスカもOfferBoxに並ぶくらいオススメなサービスなのでぜひ使っていただきたいです。

なぜオススメなのか?

他の逆求人サービス・アプリと比較して違う点があります。

オファーをする企業の熱意度合いが確認できます。

Kanta
キミスカには3つ種類のスカウトがあって上からプラチナ→本気→気になるという順序があります。

Kanta
プラチナスカウトは企業側が0.5%の学生だけに企業が送れる特別なスカウトになっています。

それだけに、企業も自社に合った人物を厳選してプラチナスカウトを送ります。

このスカウトさえもらえれば選考が優遇されることも多いです。

Kanta
プラチナスカウトをもらった就活生はその企業から内定をもらうことが多いようです。

他アプリ/サービスと比較した強み
Kanta
何と言っても、企業が本気で自分のことを欲しがっているのか確認できるところが良いと思います。
Kanta
逆求人といっても、どれくらい企業が自分のことを採用したいと思ってるか確認できないので。

また、OfferBoxに劣らないくらい企業登録数も多いのでぜひオススメです。

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

まとめ

いかがだったでしょうか?

逆求人アプリ/サービスは、就活生が自分のプロフィールや自己PR、学生時代の経験を

登録しないといけないので少し時間がかかってしまいます。

ですが、それもESや自己PRの練習と考えれば苦では無いと思います。

一度でも自己PRを書いてしまいさえすれば、他の逆求人サイトに使いまわすことが可能でしょう。

ですが、多くのサイトに登録しても時間的に全てを裁くことができないと思うので、

Kanta
個人的にはこの2つを登録しておけば良いかなという印象です。

ぜひ利用してみてください!

今日はこの辺で。 ではでは!

  • この記事を書いた人

Kanta

学生時代に読者モデル・ミスターコン出場など興味を持った事に何事も挑戦。 楽天株式会社の新規事業部にて勤務後、現在はLINE株式会社において勤務する。 就活時、時間的束縛によりやりたい事が成し遂げられないことから、大学院を休学して就職活動に本気で臨む。 IT・コンサル・広告代理店・人材・マスコミ業界など複数の大手/ベンチャー企業数十社から内々定を頂く。また、CAMPFIREで支援を募り就活生に向けて本を自費出版する。 友人と飲食店を経営しながら、100人以上の就活生支援もしている。 noteでも就活記事を厳選し載せています。

-就活のススメ, 就職活動

Copyright© かんたログ , 2020 All Rights Reserved.