就活 How to 就職活動

【就活生必見】絶対に知って欲しい、インターンに参加すべき人とは

  1. HOME >
  2. 就活 How to >

【就活生必見】絶対に知って欲しい、インターンに参加すべき人とは

こんにちは、Kantaです。

今回は、インターンシップに参加する目的について解説させていただきます。

先日、就活生からこういった質問を受けました。

就活生
就職活動中にインターンに参加することはリスキーでしょうか?
就活生
インターンって沢山参加したほうが良いでしょうか?

こういった質問を聞きます。

結論から言うと、個人の置かれている状況によって全然変わってきます。

ここまで深ぼってインターンに関して解説しているブログもないので、

今回は私自身の経験を交えながら記事にさせて頂きました。

ブログ運営者について

本記事を書いているブログ運営者(Kanta)は、人気・難関企業

(IT・コンサル・人材・マスコミ・広告業界)から数十社、内定を獲得した20卒の内定者です。

またブラック研究室に所属する理系院生であり、時間的束縛がされた中でも納得のいく就活を

送った経験から、現在は100人以上の就活生を支援し就活ブログ(かんたログ)の他、

Youtubeで就活チャンネル就活noteを運営している。

更には、就活本を出版さえしている経験を持っている。

※本記事は、4−5分程度で読み終わります。是非最後まで一読してみて下さい。

インターンに参加している就活生の特徴

インターンに参加している就活生は、どんな目的を持って参加しているのでしょうか?

このことに関しては、私が実際にLINE株式会社で内定者インターンを半年間した際に

noteで取り上げた記事でも書いておりますので、そちらを参考にして頂きたいです。

上記の記事でもご紹介させて頂いたのですが、

大半の就活生がインターンに参加する目的は大きく分けて3つあると思っております。

Kanta
以下の3つのうちのどれかに自分が当てはまっていないか考えてみて下さい。

就活生の大半がインターンに参加する理由

  • ただのバイト感覚であり、お金稼ぎの為
  • 今後の就活(内定をもらうまでのフロー)におけるエピソード作りの為
  • 参加すれば単純に就活が有利だと思う為
Kanta
皆さん3つのどれかに当てはまっていませんか?

当てはまってはいけないと言うわけではありませんが、上記の3つのどれかに当てはまる就活生は

以下に私が説明する状況に応じてインターンの参加・辞めるタイミングを考えて欲しいです。

※今回説明するインターンとは、長期インターンシップ(数ヶ月以上)を指します。

ポイント

長期インターンを探すならキャリアバイトがとてもおすすめでです。

Kanta
※実際、私が学生時にインターンをしていた会社はキャリアバイトから応募しました。

もし、本記事を読んでいる就活生の中で理系の学生がいたら

Kanta
理系ナビを間違いなく活用した方がいいです。

ポイント

理系ナビは理系向けインターン&新卒採用情報が掲載されている

就活情報サイトです。

理系のためのインターンシップ・就職情報サイト『理系ナビ2022』

インターンに参加している就活生の分類

就活生
「内定者インターンは参加すべきなのか」
就活生
「長期インターンは参加すべきなのか」
就活生
「インターンはそもそも何が参加してよくて、何がダメなのか」
Kanta
私は、こういった質問は一括りにして解答してはいけないと思ってます。

それぞれの就活生一個人が置かれている状況に応じて対応すべきだと思っております。

今回は大きく分けて3分類(その中でも2分類ずつ)に分解して解説します。

ここまで掘り下げて解説している就活記事は、他にないと思いますので、

参考になるのではないかと思います。



①志望業界・企業が明確になっている就活生

インターンに参加している就活生の中でも、既に

就活生
行きたい業界・会社が決まっている!

と言う就活生も当然いらっしゃると思います。

①に該当する方は、以下の2分類に区分されます。

1.興味のない業界・企業でインターンをしている方(就活中)

現在、就職活動中だけどインターンに参加している就活生です。

Kanta
これに該当する就活生は、 インターンをやめて良いと思います。

これに該当する就活生は、

就活生
本当はやりたいことではないけど、就活に活かせそうだから
就活生
面接で話すエピソードとしてとりあえずインターンをしている

このように考えているはずです。

そうは言っても、

就活生
面接で話す話題が欲しい、インターンは何かしらしたい。

と考えているのであれば、自分が行きたい業界・企業でインターンをして下さい。

Kanta
明確に行きたい業界や企業が定まっているのに、 選考のためだけにインターンに参加するのはやめましょう。
Kanta
企業に対しても失礼だと思います。

2.興味のない業界・企業でインターンをしている方(内定者)

既に行きたい業界・企業から内定を頂いている(就職活動が終了している)就活生です。

これは間違いなく、今すぐインターンをやめて良いでしょう。

自分が行きたい会社から内定を頂いたのに興味がない企業・業界でインターンをしている意味が全くありません。

もしこれに該当する就活生は

就活生
楽だし時給が高いし、お金のために働いている

と言う就活生が多いはずです。

Kanta
もしインターンをするのであれば、内定を頂いた企業や同業界の企業でインターンをしましょう。

②志望業界・企業が明確になっていない就活生

こちらに分類される就活生は非常に多いと思います。

就活が本格化してくる中、まだ自分が志望する業界や企業が明確化していない方もいるはずです。

そう言った就活生は、自分の行きたい業界ややりたいことを見定める上でもインターンに参加することでしょう。

Kanta
この点に関しては、とても良いと思いますし実際私もしていました。
Kanta
ですが、少しだけ注意が必要なので解説させて頂きます。

②に該当する就活生は以下の2つに分類されます。

1.数ヶ月しかインターンをしていない就活生

インターンを初めてまだ間もない就活生です。

或いは、勤務時間が短い就活生で業務内容が理解し切れていない方です。

注意ポイント

具体的な区分としては、インターンを開始して3-6ヶ月未満(合計勤務時間が200時間未満程度)

に該当する就活生です。

該当する就活生は、業界理解や仕事の内容をまだ理解し切れていないケースが多いです。

Kanta
そのため、インターンをしても自分がインターンをしている業界や企業にマッチしているかどうか、
Kanta
或いは何が自分に向いているのかわからないケースが多いです。

もしこれに該当する就活生であれば、3-6ヶ月以上(合計勤務時間が200時間以上程度)勤務してから

自分と合っているか考えてみるのが良いと思います。

2.既に数ヶ月インターンをしている就活生

こちらは上記の就活生よりもインターンを経験している時間が長い就活生です。

具体的には、3-6ヶ月以上(合計勤務時間が200時間以上程度)勤務している就活生です。

こちらに該当している就活生である方で、まだインターン先の企業・業界が自分と合っているか分からない

と考えてしまうのであれば、一度インターンをやめましょう。

Kanta
約半年以上、勤務しても自分と合っているかどうか分からない場合は、自分がその企業や業界と合っていないケースがあります。
Kanta
もしこちらに該当するのであれば、他業界の企業でインターンをするor別の就活にリソースの時間を割いて良いと思います。

ポイント

何よりも効率よく就活をすることが、納得のいく就活を送る上で大切です。

Kanta
キャリアバイトからインターンを探すのが1番効率的です。 

③入社したい企業・業界でインターンをしている人

就活生の中で、既に志望している業界や企業でインターンをしている就活生もいるでしょう。

Kanta
これに該当する就活生は正直恵まれていると思います。
Kanta
実際インターンに参加したくても参加できない就活生もいるので。

これに該当する就活生は、以下の2区分に分類されると思います。

1.就職活動中の就活生

絶賛就職活動中で、志望企業でインターンをしている就活生の場合です。

Kanta
もしこれに該当する就活生なら、絶対にインターンを続けて下さい。
Kanta
自身が入社を検討している会社で事前にインターンをできるのはとても良い経験です。

注意ポイント

インターンをした上で違和感に感じたり、自分の理想やイメージと違ったら

インターンを辞めることを視野に入れても良いと思いますが、

何れにしても、インターンをしている企業の選考が完全に終わるまでは絶対にインターンを続けて下さい。

2.就活を既に終えた就活生(内定者)

志望企業から内定を頂き、既に内定者インターンとして働いている就活生です。

Kanta
これに関しては、正直どっちでも良いと思います。笑

学生の時間でしかできないことをやるでも良いですし、

内定者インターンとして先に勤務を経験することもとても良いと思います。

これに関しては個人の思考で変わってきますので、どちらでも良いと思います。

※何れにしても、就活中の学生はここは気にしないで大丈夫です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

インターンを参加する際は、自分がどう言った目的で参加していて

今自分は何のためにインターンをしているのか考えることが大切です

もし、これからインターンを探すという就活生や内定者、或いは

新しくインターンを探したいと考えている学生はキャリアバイトで探してみてください。

このように随時、本ブログだけでなく就活情報を就活noteYoutubeチャンネル

でも発信していきたいと思っておりますので、是非参考にしてみて下さい。

本記事は以上です、ではでは!

  • この記事を書いた人

Kanta

学生時代に読者モデル・ミスターコン出場など興味を持った事に何事も挑戦。楽天株式会社の新規事業部にて勤務後、現在はLINE株式会社において勤務する。就活時、時間的束縛によりやりたい事が成し遂げられないことから、大学院を中退して就職活動に本気で臨む。IT・コンサル・広告代理店・人材・マスコミ業界など複数の大手/ベンチャー企業十数社から内々定を頂く。また、CAMPFIREで支援を募り就活生に向けて本を自費出版する。 100人以上の就活生支援をした経験をもち、就活情報をnoteやYouTubeで発信する。

-就活 How to, 就職活動
-,

Copyright© かんたログ , 2020 All Rights Reserved.