かんたログ

やりたい事・好きな事だけ追い求める理系の大学院生。学生・就活生向けの記事を日々書いています。

【就活生必見】内定獲得に必要な自己分析のやり方・ポイント紹介

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

f:id:o-kankan:20191013101934j:plain

私が就職活動を行なっている学生・就活生から「就職活動を行う上で、一番大切なことはなんですか?」

と聞かれたら間違いなく「自己分析です。」と答えます。

それくらい自己分析はとても大切なことです。

自己分析の流れや、必要性に関しては過去の記事で紹介しているので下から参考にしてみて下さい。

自己分析ってそもそも何からやればいいのか分からない就活生必見です。

www.kankan-blog.com

私自身、現在1人で100人以上の就活生の就活相談や面接・ES対策をしておりますが、一番多い質問が

「そもそも自己分析の具体的なやり方がわからない」という意見です。

そのため、今回「自己分析の具体的なやり方」に関してまとめようと思いました。

そもそも自己分析のやり方に正解があるわけではありません。

だからこそ「自己分析」となると抽象度が高くなり、具現化しづらくなるため、

就活生もやり方が分からず、「自己分析ってどうやってやるの?」となってしまいます。

今回紹介するのは、私がやっていた自己分析のやり方なので、全部が正しいわけではありません。

しかし、「具体的」そして「詳細に」お伝えすることで、就活生にとって

「あっこうやってやればいいのか!」「こういう風に自己分析していくのか!」

と少しでも理解していただければ幸いです。

できるだけ具体的に、そして詳細に紹介していきたいと思いますので、最後まで読んでみて下さい!

(※自己分析の大切さや概念的なことは今回紹介しないので、上の記事を参照して下さい。)

◎簡単な自己紹介

この記事を書いている私自身は、就職活動に1年半もの間全力で臨み、他の就活生と比較しても

圧倒的に過酷・不利な状況にも関わらず納得のいく就職活動を送り、

志望企業から複数内定を獲得、また100人以上の就活生の就活相談を日々行っております。

→詳細なプロフィールはこちらから

※記事は5分くらいで読み終わります。より詳細な解説などは関連記事を貼っておきました。

自己分析には2種類ある

f:id:o-kankan:20190828130348j:plain

「自己分析には2種類ある」と言われてもピンときませんよね。

就職活動を行なっている人の多く、というか就活生の大部分がこちらを認識していない気がします。

自己分析には「主観的に自分を分析した主観的自己分析」と「客観的に自分を分析した客観的自己分析」

の2種類があります。

「主観的自己分析」と「客観的自己分析」の違いと具体的なやり方を紹介したいと思います。

主観的自己分析

f:id:o-kankan:20190819173936j:plain

こちらは就活生の多くが認識している自己分析だと思います。

自分自身の過去の経験を書き洗い出してみて(短絡的に申し上げれば、)

「私は〇〇した時にやりがいを感じた!」「△△のような状況の時にやる気が出る!」

「私は他人にはない〇〇な強みを持っている!」「私は△△のような思考をする人物だ!」

と自分自身を分析していく具合です。

「主観的自己分析」とは、ひたすら自分自身で自身の経験を深掘りし、自分自身を分析することです。

具体的なやり方は後ほど紹介します。

これと比較して、「客観的自己分析」とは一体何でしょうか?

客観的自己分析

f:id:o-kankan:20190819010316j:plain

「客観的自己分析」とは、自分以外の第三者の意見から自分自身を分析していくことです。

就活生の皆さんの中でも、友達や家族から「あなたって〇〇なところあるよね?」と言われて

「いやそんなことあるかな?」とか「いやそれはないと思う」

と否定したくなるようなこと、或いは自分では思わなかったことを言われた経験はありませんか?

これは、自分自身が認識している「自分」とあなた以外の第三者が認識している

「自分」すなわち「自分像」が異なっているからです。

本当に自己分析の徹底化をしていれば、

「私には〇〇な一面もあるし、△△な思考をしているから、そのように言われても納得できる。」

という具合になるはずです。

本当の意味での自己分析とは、

「第三者が見ても、自分自身が見ても「自分像」が変わらない自己分析」です。

そのため「客観的自己分析」は非常に大切になってきます。

具体的なやり方の関しては後ほど説明します。

まず始めに、「主観的自己分析」のやり方から紹介します。

主観的自己分析のやり方

f:id:o-kankan:20190831060645j:plain

①過去の経験から自分像を見出す

こちらに関しては色んなやり方があると思いますので、概要だけお話をさせていただきます。

※上で紹介した過去の記事も是非参考にしてみてください。

自己分析のやり方や書籍は数多くあると思いますが、必ずしも書籍を使ったり、

フォーマットに沿った自己分析をする必要はありません。

端的に申し上げると、自己分析はあくまで、自分の過去の経験から自分自身が

「やりがいに感じていること」「やりたいことを見つけること」それが最大の目的です。

書籍を使えば、書籍に書かれている設問に答えるだけで自己分析が自ずとできてしまうため、

時間的効率化した自己分析を行いたい就活生は活用するべきだと思います。

自分自身で自己分析を最初から最後まで(厳密には終わりはありませんが)徹底化できる就活生は

書籍等を使う必要はありません。

あくまで、市販化されている書籍は、自己分析の効率化するためのツールだと思ってください。

私は、自分自身が就職活動をする上で「効率化した就職活動」を大事にしていたので

いくつか書籍を活用していました。

立場上、就職活動に関する書籍は、ほぼ全て拝読させてもらっていますが、

就職活動、もっと言えば「自己分析」に関しては「絶対内定」と言う書籍を強くお勧めします。

発売日: 2019/6/6 出版社: ダイヤモンド社 著者: 杉村 太郎 , 熊谷 智宏

別の記事にも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

www.kankan-blog.com

②モチベーショングラフを活用する

みなさん、「モチベーショングラフ」という言葉を聞いたことはありますか?

自己分析を行う上での手法として用いられるグラフで、私自身よく活用していました。

時系列に自分自身が過去に経験したことを落とし込んでグラフ化したものです。

「モチベーショングラフ」に関しては、具体的に別の記事で紹介していますので、

下の記事を参考にしてみてください。

www.kankan-blog.com

③知見を高めながら視野を広げる

これまでの記事でも何回か触れてきましたが、書籍等を活用し、自身の知見を高めることはとても大事です。

自分の知見を高めることは、自己分析のみならず企業分析、ES・面接全てに活きてくるため、

一番費用対効果が高い方法だと私は思っております。

(前回紹介した企業分析・企業理解するポイントでも紹介しております。)

www.kankan-blog.com

自分の知見を高めることで、自分自身の視野が圧倒的に広がります。

具体的に簡単な事例を挙げて説明したいと思います。

もしあなたが友達から「最近トレンドになっているファッションを教えて!」と言われた時、

みなさんどうしますか? 日頃から最近のファッションのトレンドに関して調べている方ならいいですが、

大半の方がそうではないと思います。おそらく皆さんは2つの行動をすると思います。

1つ目がファッションに精通している友人や知人に意見を求めること。

2つ目が、ネットやTV・雑誌等のメディアから情報収集すること。

何れにしても共通するのは、「自分に知見・知識が無いから情報収集をしていること」です。

これと書籍等を活用し「知見を高め視野を広げること」は何一つ変わりません。

自分自身が理解している知識の範疇で、物事を思考し、行動に移すと思います。

ビジネス書・自己啓発書・就活対策本を活用して、自分自身の教養と知見を高めることは、

結果として自分自身が行動する選択を広げることに繋がります。

Aの知識しかなかったら、BとCという別の選択も行動もできませんよね?

だからこそ、知見を高めながら視野を広げることはとても大切です。

具体的に就活生にお勧めな書籍・映画を厳選して紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

www.kankan-blog.com

www.kankan-blog.com

次に客観的自己分析について紹介したいと思います。

客観的自己分析のやり方

f:id:o-kankan:20190825172300j:plain

①友人・家族など第三者に意見を求める

自分ってどんな性格で、どんな人物なのか身の回りの人に聞いてみたことはありますか?

もしなければ、ぜひ聞いてみることをオススメします。

できれば「初対面の人」と「身近な友人(親友)や家族」に意見を求めて欲しいです。

自分自身が主観的に自己分析した「自分像」と第三者から見た

「自分像」がどう違うのか理解する事がとても大切です。

ですが「他人に自分ってどんな人?」と意見を求めるのに抵抗がある方は①を無理にする事はないです。笑

②ストレングスファインダーの活用 

私が数多くの就活生に「自己分析を行うにはどうしたらいいですか?」と聞かれた時に紹介しているのが、

「ストレングスファインダー」を活用した自己分析です。

これはネットに転がっているような自己分析のアプリやサイトとは比較にならないくらい精度が高いです。

発売日: 2017/4/13 出版社: 日本経済新聞出版社 著者: トム・ラス 翻訳:古屋博子

また、自分自身には「どの仕事が向いているのか」「何にやりがいを感じているのか」

その疑問をお持ちの就活生は絶対見た方がいいと思います。

別の記事にも紹介しているのでぜひ参考にしてみて下さい。

www.kankan-blog.com

③意見を第三者にアウトプットする

これは非常に大切です。

自分がこれまで紹介してきた「主観的自己分析」「客観的自己分析」を通じて、考えた意見を

自分自身の言葉で、第三者に対してアウトプットしてみましょう。

それで友人が、「よく自分のことわかってるね。」と認識してくれるレベルまでもっていければ、

かなりの精度を上げて自己分析ができている証拠だと思います。

他の記事でも何度か申し上げましたが、自分の意見を他人にアウトプットする習慣をつけましょう。

主観的→客観的自己分析の順でやる!

f:id:o-kankan:20190809144342j:plain

それぞれの違いが理解いただけたと思いますが、ここで注意してほしいことが1つあります。

それは「客観的自己分析」から自己分析を始めてはいけない事です。

(もちろん並行して行う分には全く問題ありません。)

自分以外の第三者からの意見をインプットした状態で主観的自己分析を始めてしまうと、

その意見が逆にバイアスやノイズとなってしまい適切な主観的自己分析ができない恐れがあるためです。

以上を踏まえて、具体的に私が行なっていた自己分析のやり方をご紹介したいと思います。

具体的な自己分析の流れ

これまで紹介した「主観的自己分析」と「客観的自己分析」を活用して、

具体的にどのように自己分析を進めていけばいいのか詳細に過程を下に書いてみました。

※これは私自身が実際に就職活動を行う上でやっていた「自己分析」の流れです。

是非参考にしてみて下さい。

この流れに完全に沿って行う必要はないかもしれませんが、

これを行うことで自己分析の徹底化ができることには間違いないと断言できます。

ぜひ参考になれば幸いです。

◎私が就職活動時に行なっていた自己分析フロー

モチベーショングラフの作成

②絶対内定を活用した過去経験の深掘り

ストレングスファインダーの活用

④②と③に乖離があれば②を繰り返す

⑤④と並行して、書籍等で知見を高める

⑥友人や家族、第三者に意見を求める

⑦自分の意見をアウトプットする

⑧第三者との自分像で乖離がないか確認

⑨一貫性が見られたら⑤の繰り返し

この①から⑨までを行えば、精度の高い自己分析ができると思います。

これは私自身が行なっていた自己分析のやり方ですが、就活生の多くから

「どうやって自己分析をしていたのか具体的に教えて欲しいです!」と言う意見があまりに多かったので

今回は具体的に私自身が就活時に行なっていた自己分析のフローを提示させていただきました。

是非、就活を行う上であなた自身の自己分析の参考にしてみて下さい。

まとめ

f:id:o-kankan:20190715045920j:plain

いかがだったでしょうか?就活生のお話を聞いていると

「自己分析できていると思います!」「自分の強みを理解できていると思います!」

胸を張って堂々と語る人ほど意外と出来ていない就活生が多いです。

あと、「自己分析ってどこまでやったらいいんですか?」と意見を聞かれることがありますが、

この意見をいう就活生は自己分析が出来ていない方です。

なぜなら、自己分析をしていけば分かりますが、「自己分析に終わりはありません。」

私も就職活動時、毎日2時間ほど2ヶ月もの間(計120時間前後)自己分析を行なっていましたが、

今だに「自己分析は終わっていない」と思っております。

ですが、自己分析を徹底化したからこそ数多くの企業から内定をいただけたことは断言できます。

就職活動をする上での最も近い道は「自己分析の徹底化です。」

遠いようで、時間がかかりそうですが、最も効率的な就活対策だったと私は自負しております。

長々となってしまいましたが、私自身の経験が少しでも就活生の皆様にとって参考になれば幸いです。

また、ここでは触れませんでしたが、逆求人サイトや就活イベントサイトを活用することで、

より就職活動を効率的にそして納得のいく就職活動を送ることができると思います。

詳しくは、下の記事一覧から参照していただきたいですが、これらを用いることで

自分自身の自己分析(による自己PR)がどう企業の人事から評価されているか確認できるからです。

www.kankan-blog.com

今日はこの辺で!! ではでは!

ジョブコミット