かんたログ

やりたい事だけ追い求める理系の大学院生。就活生に向けて有益な情報を日々発信しています。 Written by Kanta Osada

就活のやる気が出ない就活生におすすめ【自己啓発本6選】

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

f:id:o-kankan:20191016132745j:plain

まずは下記の状況があなたに当てはまるか考えてみてください。

※もし当てはまらない場合は読む必要がない記事なので大丈夫です。

 

就活をしているけど、いまいちやる気が出ない。

 

就活がつらいと感じてしまう。 なんとかしてやる気を出したい。

 

他人と就活の状況を比べてしまう。

 

早期から就活に力を入れすぎて疲れてしまった。

 

当てはまったでしょうか?

そんな就活生に、私がおすすめしたい「就活をやる気にさせてくれる本」を紹介します。

本記事では、1冊ごとに本の詳細を関連記事で解説しておりますので、参照してください。

※記事は3分くらいで読み終わります。より詳細な解説などは関連記事を貼っておきました。

就活をやる気にさせる自己啓発本6選

f:id:o-kankan:20191016133150j:plain

ここでは、私自身が就職活動時に読んでいた自己啓発本をご紹介。

私自身は、就活時に自己啓発本だけで数十冊以上読んでおりましたが、厳選して紹介いたします。

ビジネス書も含めると就活時だけで200冊は軽く読んでおりました。

就活生におすすめしたいビジネス書を厳選してこちらに紹介しているのぜひ。

嫌われる勇気
発売日: 2013/12/13 出版社: ダイヤモンド社 著者: 岸見 一郎,古賀 史健

自己啓発の父と呼ばれる「アルフレッド・アドラー」が提唱した、

アドラー心理学をわかりやすくまとめた本です。168万部を超える大ベストセラーとなっています。

特に、

「他の就活生の就活状況と自分を比較してしまう」

「他人と比べて劣等感を感じてしまう」

という就活生は必見なので必ず読んでいただきたいです。

こちらの「嫌われる勇気」に関しては、以前の

就活生にオススメしたい書籍:自己啓発編Vol.1で詳細に紹介しております。 

バカとつき合うな
発売日: 2018/10/26 出版社: 徳間書店出版 著者: 堀江貴文,西野亮廣

人生を生きる上での自由を邪魔している存在を、「付き合うべきではないバカ」と表現し、

煩わしい人間関係や、居心地の悪い環境から解放されるための方法が書かれている本です。

対談形式ではなく、堀江貴文さんと西野亮廣さんが別々に考えを綴ることにより、

この問題を様々な角度から捉えることができる一冊になっています。

こちらの「バカとつき合うな」に関しては、以前の

就活生にオススメしたい書籍:自己啓発編Vol.2で詳細に紹介しております。

アウトプット大全
発売日: 2018/8/3 出版社: サンクチュアリ出版 著者: 樺沢紫苑

就活生の皆さんは、会社説明会・OB訪問・企業分析など、インプットに割く時間がとても多いです。

しかし、インプットとアウトプットの“黄金比”は3対7だとこの本では、指摘しています。

そして「アウトプットなしに自己成長はありえない」とさえ述べております。

就活生のみなさん、アウトプットよりインプットに重きを置いてませんか? 

こちらの「アウトプット大全」に関しては、以前の

就活生にオススメしたい書籍:自己啓発編Vol.3で詳細に紹介しております。

多動力
発売日: 2019/4/10 出版社: 幻冬舎文庫 著者: 堀江 貴文
発売日: 2017/5/27 出版社: 幻冬舎 著者: 堀江 貴文
発売日: 2018/3/1 出版社: 幻冬舎コミックス 著者: 堀江 貴文,星井 博文,三輪 亮介

あらゆるモノがインターネットにつながることによって出現したのは、

全業界のタテの壁が溶けてなくなった、フラットに開かれた社会です。

「このかつてない時代では、業界の壁を軽やかに飛び越える「越境者」にこそ、チャンスがある」

と筆者のホリエモンは仰っております。

私の太鼓判の書籍なのでぜひ一度読んで頂きたいです。

こちらの「多動力」に関しては、以前の

就活生にオススメしたい書籍:自己啓発編Vol.4で詳細に紹介しております。

俺か、俺以外かローランドという生き方
発売日: 2019/3/11 出版社: KADOKAWA 著者: ROLAND

「なんだ、ホストの書いた書籍かよ。」そう思いませんでした?

それは私自身、当初そのように思ってましたが、

本書を一読してからローランドさんを見る目がはっきり変わりました。

彼の至高のプロ意識、唯一無二の存在である理由を、

哲学・美・愛・仕事・人生の多面的な切り口で書かれています。

こちらの「俺か、俺以外かローランドという生き方」に関しては、以前の

就活生にオススメしたい書籍:自己啓発編Vol.5で詳細に紹介しております。

ハッタリの流儀

ハッタリと聞くとあまり良いイメージが湧かないかもしれません。

本書で述べられているハッタリを一言で表すと、

「根拠のない自信を持ち、実力以上のことを引き受け、後に圧倒的努力で辻褄を合わせること」

どういうことでしょうか?

ハッタリをカマす事が、「これからの時代を生き抜く最も有効なプロモーション」

とさえ言われています。

こちらの「ハッタリの流儀」に関しては、以前の

就活生にオススメしたい書籍:自己啓発編Vol.6で詳細に紹介しております。

まとめ:就活のやる気が出ないなら自己啓発本

f:id:o-kankan:20191016134845j:plain

いかがだったでしょうか。

以上、就活のやる気を出したいときにお勧めしたい自己啓発本の紹介記事でした。

この記事を読んだらまず、行動に移しましょう。

 

ここでページを閉じてもらって構いませんが、閉じたらぜひ本を読んでみてください。

記事を読むだけで行動しない人が大多数でしょう。

 

行動しないだけの情報を収集は時間の無駄な気がします。

ぜひ行動に移してみてください。 

今回はこの辺で!  ではでは!!