かんたログ

やりたい事・好きな事だけ追い求める理系の大学院生。学生・就活生向けの記事を日々書いています。

Find that thing you are super passionate about.

The riskest thing is to take no risks.

【就活生にオススメしたい書籍 :就活特化編Vol.4】グループディスカッション(GD)

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

f:id:o-kankan:20190831060719j:plain

この記事では、私が就活期間に読んだ200冊以上の自己啓発やビジネス書以外に、

就活生にぜひ読んでいただきたい・必読本を紹介させていただきます。

紹介したい本が幾つかありますが、厳選して1記事に1冊ずつ紹介させていただきます。

今回紹介する本は、「就活特化編Vol.4」ということで、

就職活動を行う就活生なら必ず見るべき本を厳選して紹介します。

議論する力を鍛えるディスカッションノート

今回紹介する本は、「東大生が書いた 議論する力を鍛えるディスカッションノート: 「2ステージ、6ポジション」でつかむ「話し合い」の新発想!」です。

以前紹介した、「フェルミ推定」「ケース問題」に続き、東大生が書いた

就活シリーズで最後に紹介したい本がこちらです!

この本は、グループディスカッション(GD)について体系的にまとめた本です。

志望業界に限らず、GDは就活生は対策必須なので、一読することをお勧めします。

私自身、本書を拝読しGDに臨みました。

数10回程GDに選考過程で出くわしましたが、一度も落ちたことがありませんでした。

そもそもグループディスカッションがどういうものか、

自分はどういう立場で、どういう発言を、どういったタイミングですべきか、

GDのグループメンバーがどういう人でどういう役割についているのかがわかるようになります。

ディスカッションを進めていく中で起こり得る状況を細かく分類し、

それぞれの状況への具体的な対応方法などが書かれています。

ハード面(知識等)はナビゲーターサプライヤーオーディエンスに分類され、

ソフト面(対人能力等)はコーディネーターカウンセラーエディターに分類されます。

グループディスカッションにおいては、各メンバーが上記の役割分担をし、ハード面の

パーソナルステージで議論を発散させ、ソフト面のグループディスカッションで議論を収束させます。

本書を一読すれば、GDにおける流れでの不明点は無くなると思います。

就活生に「GD対策で何すればいいですか?」と言われた時に私が必ず勧めている本です。笑

ぜひ、就活生の皆さんは一読してみてください。 GDに対する懸念点が払拭されると思います。

-----------------------------------

本書を拝読しても、或いはGDの流れをもっと詳細に知りたい方がいれば、ご連絡をしてくださると幸いです。

就職活動を通じてグループディスカッションの選考に関しては、数十社受けて

全て通過しているので、少しはアドバイスできるかと思います。笑

もし何かあれば、ご連絡して下さい。就活相談を通じ就活生のお役に少しでも立てれば幸いです。

また実際の就活ノウハウをお聞きしたい方がいれば、Matcher等から連絡してくださると幸いです。

(※Facebooktwitterでも大丈夫です。)

matcher.jp

文章だと伝えられることが限られてしまうので、(変なノイズが入ると思うので)

より詳細に就活に関して知りたい方は、ご連絡してくださると幸いです。

-----------------------------------

今日はこの辺で! ではでは!!