かんたログ

やりたい事だけ追い求める理系の大学院生。就活生に向けて有益な情報を日々発信しています。 Written by Kanta Osada

就活生に本気でおすすめしたいビジネス書を11冊厳選しました

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

f:id:o-kankan:20191016192734j:plain

就活生

「就活生におすすめなビジネス書を知りたいけど、

ビジネス書たくさんありすぎて何が就活生に向いているか分からない。

ビジネス書を読む習慣がついてないけど、これを機に読む習慣をつけたい。」

 

こういった疑問に本記事では答えたいと思います。

 

そんな就活生に、私が本気でおすすめしたい「就活生必見のビジネス書」を厳選して紹介します。

本記事では、1冊ごとに本の詳細を関連記事で解説しておりますので、参照してください。

f:id:o-kankan:20191016223916j:plain

私が実際に就職活動時に読んでいた書籍の一部 

今もなお、ビジネス書を読む習慣をつけていますが、これを機に就活生にも読んで頂きたいです。

◎簡単な自己紹介

この記事を書いている私自身は、就職活動に1年半もの間全力で臨み、他の就活生と比較しても

圧倒的に過酷・不利な状況でしたが、納得のいく就職活動を送り、

志望企業から複数内々定を獲得、また100人以上の就活生の就活相談を日々行っております。

→詳細なプロフィールはこちらから

※記事は4分くらいで読み終わります。より詳細な解説などは関連記事を貼っておきました。

就活生に本気でおすすめのビジネス書11選

f:id:o-kankan:20191016193547j:plain

ここでは、私自身が就職活動時に読んでいたビジネス書をご紹介。

この記事を書いている私は、ビジネス書を就活時だけで200冊は軽く読んでいますが、

その中でもかなりオススメできる本です。

厳選する上で色々悩みましたが、一押しをピックアップしました。

シンプルに考える
発売日: 2015/5/29 出版社: ダイヤモンド社 著者: 森川 亮

就活をしていると、「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・」となることがあると思います。

ビジネスにおいてはより一層そういった場面に直面することがあるかと思います。

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、
「何が本質なのか?」を徹底的に考える。そして、本当に大切な1%に100%集中する。」

その大切さを教えてくれる本です。

こちらの「シンプルに考える」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.1で詳細に紹介しております。

革命のファンファーレ
発売日: 2017/10/4 出版社: 幻冬舎 著者: 西野 亮廣

キングコングの西野さんは皆さんご存知ですよね?


クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、

絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットを記録したことで話題になったと思います。

そんな西野さんが、

現代のお金の作り方と使い方と最強の広告戦略、これからの時代の働き方について熱く語ってくれます。

※余談ですが、私は西野さんが運営しているオンラインサロンの会員です。笑

こちらの「革命のファンファーレ」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.2で詳細に紹介しております。

ピクト図解
発売日: 2010/2/18 出版社: ダイヤモンド社 著者: 板橋 悟

ピクト図解とは、ビジネスモデルを「見える化」するツールです。

ビジネスモデルは、究極的には「モノとカネの交換」で表現されます。

ビジネスに対する知見が当初全くなかった私でも理解できる内容だったので、とてもお勧めです。

こちらの「ピクト図解」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.3で詳細に紹介しております。

新卒はベンチャー企業へ行きなさい

これから技術革新が日本国内においても間違いなく加速します。

A I共存時代に突入しようとしています、というかもうしています。

AI共存時代は、ベンチャー企業で「稼ぐ力」をつける、
「ブランド力がなくても実績を作る裏技」「商機を捉えるセンスの磨き方」

に関して詳細に書かれています。

ベンチャーを志望している就活生、またそうでない就活生にもぜひ読んでいただきたいです。

こちらの「新卒はベンチャー企業へ行きなさい」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.4で詳細に紹介しております。

楽天で学んだ100%やりきる力
発売日: 2019/4/19 出版社: 朝日新聞出版 著者: 廣田 大輔

楽天のグローバル化などに貢献した著者が、楽天で学んだ「一番大事なこと」を解説しています。

その中に、このように記されています。

成功できる人とできない人の差は、「最後の0.5%」をやりきるかどうかで決まる。

行動することはとても大切ですが、それと同じくらい「最後までやり切ること」もとても大切です。

こちらの「楽天で学んだ100%やりきる力」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.5で詳細に紹介しております。

人工知能は人間を超えるか 
発売日: 2015/3/11 出版社: KADOKAWA/中経出版 著者: 松尾 豊

人工知能に関して解説している書籍はたくさんありますが、私が一番オススメするのはこちらの書籍です。

日本トップクラスの研究者の一人である著者が、

最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解きほぐし、

知能とは何か、人間とは何かを問い直します。

こちらの「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.6で詳細に紹介しております。

渋谷ではたらく社長の告白
発売日: 2013/6/27 出版社: 幻冬舎 著者: 藤田 晋

今では大企業となっているサイバーエージェントの藤田社長の学生時代から創立に渡るまでの孤独と絶望、

そして成功のすべてを赤裸々に告白したノンフィクションで描かれています。

やりたいこと・成し遂げたいことがある就活生なら必読です。

こちらの「渋谷ではたらく社長の告白」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.7で詳細に紹介しております。

成功のコンセプト
発売日: 2009/12/1 出版社: 幻冬舎 著者: 三木谷 浩史

言わずと知れた楽天株式会社の三木谷社長の書籍です。

私自身、楽天株式会社で1年間インターンをしていたのでとても共感する点がありました。

本書では、楽天株式会社がなぜ、日本をリードする大企業になったのか、

そして三木谷社長の楽天創立に対する熱い思い、そして楽天で成し遂げたい夢が語られています。

こちらの「成功のコンセプト」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.8で詳細に紹介しております。

実験思考 世の中、すべては実験
発売日: 2019/5/9 出版社: 幻冬舎 著者: 光本 勇介

即現金化アプリ「CASH」を70億で売却し、次から次へと狂ったビジネスを立ち上げる

天才起業家光本さんの思考とビジネスに対する生き様が書かれています。

実験なら失敗しても、それはひとつの「検証結果」なので、むしろ「価値」になる。

こちらの「実験思考 世の中、すべては実験」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.9で詳細に紹介しております。

10年後の仕事図鑑
発売日: 2018/4/5 出版社: SBクリエイティブ 著者: 堀江 貴文 , 落合 陽一

AI(人工知能)、仮想通貨、LIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉、
10年後どころから5年先すら予期できない現代社会、

そしてこれからの仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を

走り続ける堀江貴文氏が、新たな社会の姿を余すところなく語ってます。

こちらの「10年後の仕事図鑑」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.10で詳細に紹介しております。

すべての企業はサービス業になる

トヨタ自動車は先日、自動車企業から移動サービスへのシフトを宣言しました。

「利用し続けてもらう」サービス業への拡張は勝ち残る鍵に。

オートメーション化、シェアリング・エコノミーによる変化の構造をとらえ、

世の中で起きている変化に気づくことの大切さを教えてくれます。 

こちらの「すべての企業はサービス業になる」に関しては、

以前の就活生にオススメしたい書籍 :ビジネス書編Vol.11で詳細に紹介しております。

就活生がビジネス書と並行して読むべきもの

f:id:o-kankan:20191016195759j:plain

前回の就活のやる気が出ない就活生におすすめ【自己啓発本6選】を並行して読むことをお勧めします。

また、就活生であるならば、就活生なら必読の厳選した就活本も必読ですね。

まとめ:ビジネス書を読む習慣をつけるべき

f:id:o-kankan:20191016200108j:plain

いかがだったでしょうか。

以上、就活生に私が本気でお勧めしたいビジネス書の紹介記事でした。

 

前回の記事でもお話ししましたが、

 

記事を読むだけで行動しない就活生が大多数でしょう。

 

行動しないだけの情報を収集は時間の無駄な気がします。(何回も言いますが...)

 

まずは一冊からでいいのでぜひ読んでみて下さい。

 

今回はこの辺で!  ではでは!!