かんたログ

やりたい事・好きな事だけ追い求める理系の大学院生。学生・就活生向けの記事を日々書いています。

【就活生にオススメしたい映画 Vol.4】

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

f:id:o-kankan:20191013103715j:plain

この記事では、就活生にぜひ見て欲しい映画を紹介させていただきます。

今回紹介する映画は、 

f:id:o-kankan:20190718111720j:plain

「何者」です。

どんな映画なのか、そしてなぜオススメするのか説明したいと思います。

※ネタバレはしないので、ぜひ安心して記事をご覧ください。)

何者ってどんな映画?

まずはこちらの予告編を見てください。

youtu.be

この映画は、「SNSを使った就活生の心の闇」「希薄となった現代社会の人間関係」

を表現しています。

朝井リョウさんが直木賞を受賞し、大きな話題を呼んだ原作の映画化作品です。

それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら就活に励みます。

SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識が、

それぞれの抱く思いを複雑に交錯し、人間関係は徐々に変化していきます。

「私、内定もらった。」やがて「裏切り者」が現れたとき、

これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていきます。

人として誰が一番価値があるのか?

そして自分はいったい「何者」なのか.....?

あらすじ

理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まります。

大学の演劇サークルに全力投球していた拓人。

拓人がずっと前から片想いをしている瑞月。

瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている光太郎。

拓人たちの部屋の上に住んでいる、瑞月の友達の理香。

就活はしないと宣言する、理香と同棲中の隆良。

それぞれ皆が違った人生経験をし、就活に対する視野思考が異なります。

その過程で「自分が正しいと自己暗示するもの」

「何が自分に向いているか、ただがむしゃらに前に立ち向かうもの」

いろんな人がいます。

おそらく多くの就活生が悩む「自分は何者であるか」の答えは、
「自身のこれまでの過去」にしかないです。
正確には、過去の行いから説明するしかない。


・肩書きを並べ虚勢をはる者

・素直な自分で真っ向勝負する者

・自分は他とは違うと棚に上げて他人の有様をあざ笑う者

皆の就活に対する考えに相違あり衝突し、もがき苦しみ自分の正解を見つけていきます。

何故、就活生にオススメできるのか

この映画に悲観的な印象を思う方が多いですが、私はそうは思いません。

自分の殻に閉じこもった就活生を応援する映画だと思います。
また、心の殻を破るため、疑似体験させてくれます。

私は、実際に就活をしていてとても実感したことがあります。

就活生は、この拓人のような立ち位置をとる人がとても多いです。
その理由は、おそらく自分の心を守るための保険をかけておきたいからだと思います。


選考で落ちても心が傷つかないようにするため、必至に取り組む者を笑うことで心の
安寧を得ようとしているのだと思います。

そうした人は自分が傷つきたくないだけだと思います。
だが、社会に出るということ、生きるということは、それではダメだと思います。
如何に心が傷ついたとしても、現実逃避することなく向き合うことができる
タフさが必要です。

就活に取り組んでいる皆さんがどの立場の人に近いのか当てはめて欲しいです。

就活当時の私自身は、隆良と光太郎を足して二で割った考え方をしていました。

10点でも20点でも自分の中から出すんだよ。そうしないと点数すら付けてもらえない!」

この瑞月の言葉が当時の私に、めちゃめちゃ突き刺さりました笑

就活生の皆さんにはぜひ見ていただきたい......

まとめ

少し視点を変えてお話しさせていただきます。

SNSが当たり前になり、多くの人が自分の意見を主張できる自由な世界になりました。

ですが、その一方でSNSでの発言が原因で多くの命も同時に失われています。

言葉と同じでSNSでのたった何気ない1つの140字程度の投稿で簡単に人を傷つけます。

言葉とは誰もが簡単に使える「人を殺す凶器」にもなり得ると思ってます。

それくらい自身の発言・そしてSNSでの運用には気を配るべきだと思います。

就活に限らず、いろんなことを考えさせられました。

いかがだったでしょうか? 

私は就活が本格化する前のこの時期だからこそ、絶対にみていただきたいです。

そして、他人が自分に対してどう思っているかは気にしないでください。

結局自分がやりたいことをやり抜くべきです。

他人の目を伺っても仕方ないです。

その上、我の強いプライド、他者へのマウントとかそう言うの本当にいらないです。

自分がどうしたいのか、それをやるべきです。

今日はこの辺で。 ではでは!!

発売日: 2017/05/17 監督: 三浦大輔 出演: 佐藤健,有村架純,二階堂ふみ

ジョブコミット