かんたログ

やりたい事・好きな事だけ追い求める理系の大学院生。学生・就活生向けの記事を日々書いています。

【就活生にオススメしたい映画 Vol.1】

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

f:id:o-kankan:20191013103952j:plain

この記事では、就活生にぜひ見て欲しい映画を紹介させていただきます。

今回紹介する映画は、

f:id:o-kankan:20190718104711p:plain

「ソーシャル・ネットワーク」です。

どんな映画なのか、そしてなぜオススメするのか説明したいと思います。

※ネタバレはしないので、ぜひ安心して記事をご覧ください。)

ソーシャルネットワークってどんな映画?

『ソーシャルネットワーク』は、今や世界最大のSNSとなったフェイスブック誕生を描いた映画です。

※全て実話ではなく、フィクションも混ざった映画です。

(一部、ザッカーバーグ本人が否定しているシーンもあります。)

ストーリーの途中に織り込まれる、弁護士との話し合いの中で、facebookが出来るきっかけから訴訟に至るまでを回想シーンとして交えながら語られていきます。

映画の予告編の動画があるので下から参照してみてください。

youtu.be

あらすじ

2003年の秋。世界最高峰のハーバード大学の学生にして、天才エンジニアであり

プログラマーのマーク・ザッカーバーグは、恋人にフラれた腹いせに学内の

データベースをハッキングし、女子学生たちの顔写真を使った人気投票サイト「Facemash」を作りました。

(この時点で彼のカリスマ性と負けず嫌いが発揮しています笑)

そんな彼の技術に目を付けたエリート学生が、学内交流を目的としたサイトの作成を依頼します。

しかしマーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルドを誘って、

ハーバードの学生を対象としたSNSのサイトを立ち上げます。

するとそれは瞬く間に登録者を増やし、急速に拡大していく。

日本を含む世界の登録者数が5億人を突破した「Facebook」。

数年以内には、登録者数が10億人に到達するとも言われ、

いまなお急成長を続けている巨大帝国の裏側と真実に迫る話題作です。

2019年6月現在には、世界で月間アクティブユーザー23億8000万人と言われ、

世界最大のコミュニケーションインフラとなっている。)

何故、就活生にオススメできるのか

これから企業に就職し、社会に出て行く立場として1人の社会人として、

就活生の皆さんには是非見てもらいたいです。

ぜひビジネスが生まれる過程やきっかけ、そしてそこに賭ける熾烈な争いと想いが巡り巡った作品です。

そして何よりも、将来やりたいことがある学生を後押しするような、

モチベーションを底上げしやる気にさせてくれる作品です。

ですが、この作品と並行して私は是非、マーク・ザッカーバーグ

がハーバード大学の卒業生に向けたスピーチの動画があるので、

それをみて欲しいです!

私自身このスピーチを何回もみましたが、本当に感動しますし、

何よりもザッカーバーグの人柄が伺えますね。

是非下から参照してみてください。

youtu.be

まとめ

「マーク・ザッカーバーグ」のFacebook創立までの物語をフィクションを交えながら、分かりやすく伝えてくれた作品です。

私が最も尊敬する人物がこのマーク・ザッカーバーグです。

かれこれ彼に関する書籍は全て読み、本作品も数回見直しました笑

私はこの作品はもちろん、彼のカリスマ性・先見の明・仕事に対する情熱・コミット力を含めた

ビジネスに対する心構え全てを本当に尊敬しております。

ぜひ、皆さんにも見ていただきたいです。

本日はこの辺で。 ではでは!

発売日: 2015/08/28 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演: ジェシー・アイゼンバー, アンドリュー・ガーフィールド, ジャスティン・ティンバーレイク, ルーニー・マーラ