かんたログ

やりたい事・好きな事だけ追い求める理系の大学院生。学生・就活生向けの記事を日々書いています。

Find that thing you are super passionate about.

The riskest thing is to take no risks.

【Rakuten Pasha(ラクテンパシャ)】って知ってますか?

1. Rakuten Pashaとは?

f:id:o-kankan:20190712113830p:plainこんにちは、カンカン(@kankan)です!

私が「楽天株式会社」におけるインターンシップで携わっているサービスを紹介させてください。

皆さん【Rakuten Pasha】というサービスを知っているでしょうか?

2019年2月4日にリリースされたサービスです

一言で言うと、「実店舗において購入時に印字されるレシートを送って楽天スーパーポイントがゲットできるサービス」のことです!

普通ならゴミになるレシートの写真を送るだけで「ポイント≒お金」になるので、まだ利用したことがない方は是非利用してみてください。

 

サービス概要

【Rakuten Pasha】は、厳密には以下のような成果報酬型の広告サービスのことです。

「企業が発行したクーポンを利用し、実店舗で指定する商品を対象期間中に購入したユーザーに「楽天スーパーポイント」を付与することができるサービス。」楽天プレスリリース

イメージが湧かない方もいらっしゃると思いますので、ユーザー視点実店舗視点に分けて説明したいと思います。

f:id:o-kankan:20190712152412j:plain

・ユーザー(消費者)視点

 ユーザー視点すなわち、『Rakuten Pasha』を利用する私達の立場です。

先程と重複しますが、これは至ってシンプルで、私達が実店舗(小売店)に来店し、商品を購入した際に印字されるレシート写真を送るだけで「楽天スーパーポイント」がもらえるサービスです。

Point

ユーザーは実店舗で購入した際のレシートを送るだけで「楽天スーパーポイント」が獲得できる。(ただし使用上の注意・利用条件があるため後に記載)

・実店舗(小売店)視点

実店舗視点すなわち、私達が商品を購入するお店側の立場ですね。

「Rakuten Pasha」は、メーカーなどの各企業が実店舗における自社商品の販売促進を目的としたプロモーションを、スマートフォンサイト上で行うことができる成果報酬型広告サービスのことです。

各企業(小売店)は、実店舗での商品購入を検討しているユーザーに、商品と対象期間を記載した日替わりクーポン「トクダネ」を提供。(後に説明)

クーポンを取得したユーザーは、該当商品購入後に商品情報が印字されたレシート画像を送付すれば、どの店舗で購入しても「楽天スーパーポイント」を得ることができる。

さらに販売促進だけでなく、楽天ユーザーIDと紐づけることで、楽天が提供するオンライン上のユーザー行動(Online)と実店舗における楽天IDを所有するユーザー行動(offline)を有機的に結びつけることができます。

これにより,デモグラだけでなく、ペルソナまで落とし込んだマーケティングが可能になります。

Point

1.各企業は自社の商品にフォーカスした実店舗での販売促進が可能

2.成果報酬型のサービス設計により、O2O(OMO)マーケティングの手軽な導入を支援

3.楽天IDに基づく購買ユーザー層の高精度な属性データ等の分析が可能

O2O(OMO)サービスとは?

f:id:o-kankan:20190712203117j:plain

そもそもO2OあるいはOMOという語句を聞いたことはありますか?

O2Oは、Online to Offline またはOffline to Onlineの略で、OMOは、Online Merges with Offlineの略称です。

O2Oは、これは、オンラインからオフラインへ、あるいはオフラインからオンラインへユーザーを誘導する施策を意味します。

オンラインとオフラインをそれぞれ別のものと位置づけて一方からもう一方への流入を促すマーケティングやプロモーションのことで、具体的には次のようなものです。

・ショップのSNSを更新して実店舗への来店を促す

・紙のチラシを配ってECサイトを広告する

・実店舗にSNSのURLやQRコードを載せたPOPを設置する

ショップのSNSやECサイトはオンラインであり、実店舗や紙のチラシはオフラインです。

一方で、OMOは、Online Merges with Offlineを略したワードです。この言葉は、以前にGoogleの中国トップを務め、ベンチャーキャピタルであるSINOVATION VENTURESを創業した李開復によって提唱されました。

日本語に訳すと、「オンラインとオフラインの融合」という意味になります。

つまり、オフラインをベースとしてビジネスを組み立てることは時代遅れになってきており、今後はオンラインを起点としてオンラインとオフラインを融合させる「OMO」という観点が非常に重要になります。

この辺りは、とても大事な話になってくるので別の記事で詳細に取り上げたいと思います。

 

www.kankan-blog.com
www.kankan-blog.com

www.kankan-blog.com

 

2.Rakuten Pashaの使い方

 2.1【Rakuten Pasha】を登録しよう

「Rakuten Pasha」は楽天会員が利用できるサービスです。

楽天会員にまだ登録していない方は下記リンクから新規登録してください。

メールアドレスだけ準備すれば無料で登録できます。

 

楽天会員登録はコチラ

 楽天会員登録が完了したら「Rakuten Pasha」公式サイトにアクセスします。

「Rakuten Pasha」はスマホ専用サービスなので、スマホで下記リンクからアクセスして下さい(PC・タブレットには対応していません)。

 ラクテンパシャ(Rakuten Pasha)公式サイト

 2.2 お好みのカテゴリーを選択しよう

f:id:o-kankan:20190712203843p:plain

新規登録後、画面を進めると上のような「カテゴリー選択画面」が表示されます。3つ以上のカテゴリーを選択しますが、このタイミングで選択したカテゴリーは後から変更可能です。

 2.3【とくだねクーポン】を獲得しよう

f:id:o-kankan:20190712203938p:plain

「今日のトクダネ」の中から興味のある商品を選んで「+ボタン」をクリックし、「myトクダネ」としてストックします。

「myトクダネ」を獲得してから3日以内にレシートの画像を送信しないとポイントがもらえません。

買い物をする前に必ずトクダネを獲得しておく必要がありますので、注意が必要です。

f:id:o-kankan:20190712204205p:plain

 対象商品を選択して「レシートを送る」からレシート送信画面に移動しましょう。

 2.4 レシートを送信し【アンケート】に回答

f:id:o-kankan:20190712204300p:plain

myトクダネの中から、レシートを送りたい商品をタップします。

右下の「レシートを送る」をタップし、「レシートの写真を準備する」をタップします。

レシート撮影時には、

  1. 小売店名(イオンやゆめタウンなど)
  2. 店舗名(〇〇店など)
  3. 購入日時
  4. 商品名
  5. 商品数
  6. 金額

が、ぼやけたりせずハッキリと写るように撮影します。

しっかりと撮影できたら、「この写真を送信する」をタップして完了です。

 2.5 申請ステータスを確認する

f:id:o-kankan:20190712204426p:plain

送信したレシート内容の承認は即日行われますが、実際のポイント付与は翌月25日とブランクがあります。

付与される楽天スーパーポイントは「期間限定ポイント」です。

使用期限は6か月で、限定ポイントの中では長めに設定されていますが、使いそびれることのないよう注意が必要です。

3.Rakuten Pashaの注意点

「Rakuten Pasha」は大変魅力的なサービスですが、注意点が大きく分けて3つあります。

Point 注意点としては、

・トクダネをゲットしてから商品を購入する

・商品によってはお店が限定されている場合がある

・3日以内にレシートを送信する必要がある

この3つを念頭に置いてお得にお買い物を楽しみましょう! 

4.まとめ

 いかがだったでしょうか? 

私自身このサービスのヘビーユーザーで毎日のように利用しております。

とてもお得にお買い物を楽しむことができるのでぜひ利用してみてください。

今日はこの辺で失礼します。 ではでは!