かんたログ

やりたい事・好きな事だけ追い求める理系の大学院生。学生・就活生向けの記事を日々書いています。

Find that thing you are super passionate about.

The riskest thing is to take no risks.

O2O,オムニチャネル,OMOの違いは? ①「O2O:Online to Offline, Offline to Online」とは

こんにちは、カンカン(@kankan)です! 

今回は、先日少し触れていた「O2O」のお話をさせていただければなと思ってます。

これから就職活動をする皆さんにとっても、今後の将来を考える上で必見のお話かと思います。

そもそも、なぜO2Oといった概念が大切なのでしょうか?

f:id:o-kankan:20190713140624j:plainWebサイトから実店舗へ誘導し、商品の購買に結び付けるマーケティング施策である「O2O」。
スマートフォンの急速な普及やSNSの拡大から、インターネット上の施策を実店舗での活動につなげる施策は、

もはや当たり前のものとなってきました。

ここでは、O2Oの概要について解説いたします。

(次回以降にオムニチャネルとOMOについて紹介させていただきます。)

1,O2Oとは何か

O2Oとは「Online to Offline」の略語で、オンラインとオフラインを連携させて購買活動を促進させるためのマーケティング施策です。

O2Oは「オンラインからオフラインへの顧客誘導」、「オフラインからオンラインへの顧客誘導」と思ってもらえれば大丈夫です。

代表的な方法としては、店頭で使えるお得な割引クーポンや、スマートフォンのGPSと連動したチェックインクーポンの配信などが挙げられます。

日常生活で利用する「LINE」で店舗近くを歩いているとトーク画面上にクーポンやキャンペーンの告知が届いたことありませんか?

f:id:o-kankan:20190713141529p:plain

私のスマホ上に「LINE Beacon」でユニクロの告知がきた実際のLINEトーク画面

これは「LINE Beacon」と呼ばれるもので、Bluetooth発信機を通し、位置情報と連結して、ユーザーに実店舗への来店を促進するものです。


このように、スマートフォンでは、現在地周辺の店舗情報を簡単に検索できるため、

クーポンとの親和性が高く、メリットを得た顧客がSNSで情報を拡散してくれるという効果も期待できます。

元々O2Oは、実店舗で商品を選びネットで安く購入する

「ショールーミング」対策として広まりましたが、

今では新規顧客を獲得するための施策として幅広く活用されています。

しかし一方で、クーポンなどのイベントがなければ商品を購入しないなど、

長期的な利益をもたらすリピーターやファンの育成には弱いことも知られています。

実際にO2Oを活用したサービスにはどんなものがあるのか紹介したいと思います。

 

O2Oサービスの事例

セブンイレブンは、公式のTweetをリツイートすることでキャンペーンにエントリーさせ、後日実店舗に来店した場合に無料引換券を贈呈しました。

f:id:o-kankan:20190713160630j:plain

実際のTwitter画面


SNSを通じ顧客のニーズにこたえ、既存顧客のリピート率を向上させる点でも有効な施策となっています。

 

ある飲食店では、LINE@の友だち限定で「無料プレゼントクーポン」を発行。

皆さんも飲食店や美容院からLINEトーク画面上からクーポンや告知がきたことはありませんか?

商品の追加注文を条件としたため、「月間平均売上増加につながりました」という声はよく聞きます。

無料クーポンを発行する場合は当事例のように条件をつけたり、子どもを対象にすることで親の同伴を狙ったりするなど、無料をフックに店舗へ誘導して利益を確保する工夫が求められます。

大手コーヒーチェーンのスターバックスコーヒージャパンは、アプリで事前オーダー・決済すればコーヒーを並ばずにテイクアウトできる、というサービスを提供しています。

f:id:o-kankan:20190713160943j:plain

朝や昼といったレジが混む時間帯に並ばずともテイクアウトできるため、顧客にとっても大きな来店動機となっています。

このように、O2Oはクーポンを使った施策や新規顧客獲得との相性がよく、比較的低コストで即効性のある施策を実施することができます。

最近の事例でも面白い取り組みがありました。

 大手アパレルショップ「ジーユー(GU)」が、オンラインとオフラインをつなぐ次世代型店舗GU STYLE STUDIOを昨年11月30日にオープンしました。

f:id:o-kankan:20190713170520j:plain

GUの次世代型店舗「ジーユー スタイル スタジオ(GU STYLE STUDIO)

オンラインショッピングをする時、実際に商品が手元に届いて素材や色のギャップに驚いた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「ジーユー スタイル スタジオ」は、そんな悩みに寄り添い、実際に商品を目で確かめてオンラインストアで購入できることを可能にした次世代型店舗です。

店内には、アバターでコーディネートを楽しめる専用のデジタルサイネージ「ジーユースタイル クリエイタースタンド(GU STYLE CREATOR STAND)」を設置するほか、新公式アプリ「ジーユースタイルクリエイター(GU STYLE CREATOR)」を用いた新感覚のファッション体験を創出しています。

そのため、少ない予算で施策を試してみたい企業や、実店舗に訪れて商品やサービスを試してもらうきかっけを作れる、飲食店やアパレル系の企業・ECサイトを併設している実店舗に向いている施策といえるでしょう。

これらの概念について実例を踏まえて、分かりやすくまとめている書籍がありますので、そちらも併用してみてください。

発売日: 2019/3/23 出版社: 日経BP 著者: 藤井保文、 尾原和啓

2,まとめ

いかがだったでしょうか?

O2Oという語句も最近では耳にするようになってきましたが、理解できてないところもあったと思います。

次回以降にオムニチャネル,OMOについて紹介させていだたきますので、そちらもぜひ参考になれば幸いです。

ではでは!

www.kankan-blog.com
www.kankan-blog.com