かんたログ

やりたい事・好きな事だけ追い求める理系の大学院生。学生・就活生向けの記事を日々書いています。

Find that thing you are super passionate about.

The riskest thing is to take no risks.

【就活生の休日・長期休暇の過ごし方】

こんにちは、カンカン(@kankan)です!

就活生の皆さんはこの時期、サマーインターンが始まる時期でもありますが、待ち望んだ夏休みですね。

私は、学生最後の夏休みです。うん、悲しいw

最近、就活生の皆さんから

「夏休みは何をすればいいですか?」「休日はどうやって過ごしたらいいですか?」

とよく相談されるので、今回はこの記事について書きたいと思います。

休日の過ごし方

f:id:o-kankan:20190810141952j:plain
結論から言います。めちゃめちゃ遊びましょう。笑

この記事をご覧になられている就活生は、早期から就活をしている方が大半だと思います。

別の記事でも書きますが、早期から就職活動をしている学生はあるタイミングで

必ず、就職活動に対する熱が冷めます笑

その為にも、適度に息抜きをすることは「自分に甘い」と思いますが、

より効率よく就職活動を行う為の手段です。

ということで早速、どのように休日を過ごすべきなのか紹介します。

①旅行に行く

f:id:o-kankan:20190810142034j:plain
私が1番おすすめするのは、旅行に行くことです。

というのも、「日常生活とは全く違う環境に触れられること」がとても大切です。

就職活動を行なっていると、毎日同じような生活をし、日々変わらない日常だと思います。

リフレッシュも兼ねて、非日常を楽しむのが、1番だと思います。

ちょっと就活の話を絡めるのであれば今後、会社の人事の方や社員さんとお話しする機会が増えると思います。

その際に雑談で、旅行に行っていた話が出来るかもしれませんし、一石二鳥です笑

②違うコミュニティの人と会う

f:id:o-kankan:20190810142116j:plain

これも大事にして欲しいです。これに関しては日常から行なって欲しいです。

同じような生活をしていれば、必然的に関わる人も固定化されると思います。

決して悪いことではありませんが、自身の知見や知識を広げる為にも、

久しぶりに会う友人や、会社の社員さん達との飲み会も大切にして欲しいです。

③ストレス発散をする

f:id:o-kankan:20190810142248j:plain

これもとても大切なことですね。

私は、研究や就活で溜まったストレスはめちゃめちゃドラムで発散してました笑

形はどうであれ、ストレスをためすぎると精神的にも不安定になってくると思うので、

定期的に発散しましょう笑

④知識・知見を高める

f:id:o-kankan:20190810142333j:plain

先程の②に相関するところではありますが、自身の知識・知見を高めましょう。

社員や友人と会うのでもいいですし、新聞や読書をするのも強く勧めます。

就活生にありがちなのが、インプットで終わっている学生が多いことです。

自分の意見を他者にもアウトプットできる癖を今のうちに付けれるといいですね。

ブログやSNSを活用するのもいいと思います。

ですが、対人でアウトプットできるのが何よりも大事だと思います。

面接では、自分の意見を主張することが肝になってくるので尚更です。

 

www.kankan-blog.com

www.kankan-blog.com

www.kankan-blog.com

www.kankan-blog.com

www.kankan-blog.com

⑤自分の趣味に没頭する

 

f:id:o-kankan:20190810142413j:plain

これも大切なことです。社会人になっても、自分の趣味は続けるべきです。

そこに上手い下手よりも「楽しい」という感情が芽生えればなんでもいいです。

私自身、ドラムやモデル撮影をずっとやってきたので、社会人になっても続けていくつもりです。

自分が好きなことをやるのが1番幸せですからね笑

今このブログを書いてるのも趣味の一環でやっています。

いち早く今は、「仕事が趣味だ、ビジネスが最高に楽しい!」

と誇れるビジネスパーソンになりたいです。

⑥普段しないことをやってみる

f:id:o-kankan:20190810142541p:plain

これも大切です。 

先ほどの旅行の非日常感もそうですが、普段しないことをやることがとても大切です。

私もどんなに些細なことでも、昨日とは1つ違うことをしようと意識的にしています。

本当にくだらないことかもしれませんが、

「昨日はあそこの店に行ったから、今日はこの店にしよう!」

とのように、意識的に違うことをするのも私は大切だと思います。

 

そうはいっても就活が不安な人は?

そうはいっても、就活生としては、とても不安になると思います。

「夏休み、こんなに遊んででいいのかな」「みんな就活してたらどうしよう」とか。

変なノイズやバイアスがかかって、不安になる気持ちは分かります。

ですが先ほどに戻りますが、

息抜きをしないと本選考直前で熱が冷めることになりかねません。

これは絶対にあってはならないことなので、今のうちに自分の時間を意識的に作るのも大切です。

あまりお勧めしませんが、「遊んでしまうと、罪悪感が抑えきれません!」って方のみ

以下のことを推奨します。(ちなみに僕は夏休み中、就活を全て遮断していました笑)

①志望企業の分析を徹底化

f:id:o-kankan:20190810142632j:plain

現在インターンの選考が通過した企業・選考に落ちてしまった企業

これらを分析する時間に割きましょう。 

選考に通過した企業であればその対策を、あるいはインターン後であれば、

そこで学んだことを書き落とし込む(アウトプット)べきです。

残念ながら選考に落ちてしまった企業に関しては、「なぜ選考に落ちてしまったのか」

それを振り返ることも大切です。

就活生の大半が抱えている不安として、

「インターンに落ちたら本選考でも落ちるんじゃない?」

と思う方がいますが、全くと言って関係ないです。

優遇されることはありますが、本選考に不利に働くことは全くありません。

逆にインターンに参加したけど本選考で落ちてしまう人もいるので、関係ないです。

そんな心配をするだけ時間が勿体無いです。

②エントリーしている企業を再思考する

①をしてみると、エントリーする企業を検討し直す、あるいはエントリー数を増やすこともありえます。

そのため、①と並行してこれをやりましょう。

③ES・SPI対策を徹底化

f:id:o-kankan:20190810142752j:plain

これは時間があるときにさっさとやったほうがいいです。

ESに関しては、本当に「慣れ」なところがあるので、練習しておいて損はないです。

現在募集していない企業に関しても、過去の設問内容や面接を調べれば、

ある程度ESを書くことができます。

SPI(テストセンター)に関しても、全く同じで高得点をとるのに少し勉強が必要です。

私は幸いにも理系の学生で勉強をしていた方なので、初見でも全科目で正答率88-90%くらいでしたが、

普段勉強をしていない文系の学生や、数学を苦手とする方は少し勉強が必要だと思います。

TOEICと同じで、一回高得点を取れば、何回もテストの結果を使い回しができます。

(※ただし、同じテストの形式で同じ科目に限る)

そのため、早期から勉強しておくのは得策だと思います。

(ここの内容は大切なので、まとめて別の記事でまたご紹介します。)

まとめ

いかがだったでしょうか。

私は、ぜひこの夏休み或いは休日は、遊ぶ時間を確保していただきたいです。

もし数ヶ月も休みがあるようでしたら、流石に就活のことをしたほうがいいかもしれません笑

(私は、就活時に夏休みが10日間しかなかったので、、、、) 

何れにしても、良い休日をお過ごしてください!

今日はこの辺で。 ではでは!